☆Lhasa Apso☆ アイちゃんとお散歩Ⅱ

故アイル改め新生あいるを筆頭に10頭のラサアプソの珍犬と猫達の賑やかな生活の一部です。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/03/23(Wed)

見た目は幼児のようだけど・・・

おおきに~。おこしやす
またまたご無沙汰しております・・・(^_^;)
うちの子たち、見た目はいつまで経っても幼子なのですが、実際は~。
最年長のシルバは今年13歳を迎える立派な老犬。
色々と症状が出ているのですが、ここ最近急速に進んでしまったのがエリーの白内障。
IMG_3599.jpg
右目があっと言う間に真っ白になってしまいました。もう完全に見えていません。
シルバの目の定期検診と合わせて聞きたいことが有ったのでエリーを連れて行ってきました。
シルバさんのお目々は手術してもうすぐ1年。これ以上角膜の状態は良くならないけど、傷が原因なのか初期の白内障が始まっていました。
そして、当日は充血も(><)
とりあえず、点眼で様子をみることに。
IMG_3602.jpg
エリーは白内障になった目に充血が見られるので、合併症を防ぐためにこちらも点眼を1週間試して、再診。
で、聞きたかったこと。
ネットで検索すると白内障で白くなった目が点眼薬で透明に戻ると謳っている某メーカーの点眼薬について。
これが本当であれば、藁にも縋りたい!! 試してみる価値があるかどうか。
結果は絶対にダメ!!!でした。
素人なので鵜呑みにして危うく飛びつくところでしたが、詳しくお話を聞くと、
白内障で目が白くなるということは、卵で言うと生卵がゆで卵になったようなもの。
ゆで卵が生の卵に戻ることは無いとのことでした。
では、なぜ白内障が白くなったと謳っているのか。
詐欺!?と思うでしょ~。詐欺じゃないのです。本当に透明になることがあるそうです。
ただし、ここが重要です。
白内障というのはステージがあって、
ステージ1:初期白内障。局所的に白内障の症状が見られる。水晶体の大部分は透明なので、視覚には影響はない
ステージ2:未熟白内障。白濁が部分的に広がる。明るいところでは行動に問題ない。(シルバ)
ステージ3:成熟白内障。濃い白濁が水晶体に広がる。視覚は失う。(エリー)
ステージ4:過熟白内障。、水晶体嚢内の核や皮質に融解が起こるので、透明に見える。眼の中に炎症を誘発することが多い。
このステージ4に進行させてしまう点眼薬だったのです。
怖い・・・。知らずに目を悪化させて、合併症を引き起こさなくって良かった~。
いつかは来る老化の症状。
皆さんも気をつけてあげてくださいね。
ラサズとニャンズは、気休めかもしれませんが、抗酸化作用のあるものでアンチエイジングしてあげています(笑)

今日も最後まで見ていただいてありがとうございます!!



lhasa blogmura
にほんブログ村


お帰りの前にラサズの顔をポチッとしていただけると
とっても嬉しいです!!

blogranking el


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://milktea1119.blog42.fc2.com/tb.php/443-9a7aff63

プロフィール

momo

Author:momo
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (7)
犬 (362)
スイーツ (11)
旅行 (22)
グルメ (7)
植物 (4)
猫 (3)
手作り (2)
京都 (14)
写真 (7)

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。