☆Lhasa Apso☆ アイちゃんとお散歩Ⅱ

故アイル改め新生あいるを筆頭に10頭のラサアプソの珍犬と猫達の賑やかな生活の一部です。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/01/29(Sat)

命拾い・・・

おおきに~。おこしやす

あっと言う間に、1月も終わってしまいそうです。

我が家では、大晦日や元旦に動物病院にお世話になることが毎年のようにあり・・・。

『今年は何事も無くて良かったね~。』

なんて言っていたら、2日から調子を崩すワンコが1頭。

シルバです。元気が取り柄で、我が家のワンコを仕切っているシルバです。

嘔吐・下痢を繰り返していました。
胃腸の調子が悪いだけだと、常備薬を与え、様子を見ていたけど、全然良くならない。

全く食欲もないし・・・。
これはヤバイと、病院に担ぎ込みました。

血液検査では、白血球の数値が高い以外は異常は無し。
レントゲンでも異常は無し。

とりあえず、下痢と嘔吐を止めないといけないので、点滴処置。
また翌日診察です。

点滴を打ってもらっても、全く快方に向かわず、衰弱していっています。
なので翌日も病院で点滴。
その後、ショッキングなことが・・・。

ブルブル足が震えて立てないのですが、アイルのお散歩に付いて行くと言うので、
途中までゆっくり歩かせて連れて行ったのですが・・・。

力尽きてダウンしたので抱っこして連れ帰ろうとした時、momoの顔を噛まれました
歯が当たった程度だったのですが、ミミズ腫れ。
とっても辛そうなのに、連れて行ったのが間違いでした。

抱き上げるとまた噛みつかれそうになったのですが、抱いて帰って暖かいコタツの布団にいれました。
いつもなら、布団の中なんて嫌いなので、すぐに飛び出てくるのですが、今回はずっとそのまま。
しかも息は荒く、時折震えや痙攣も・・・。
もうダメかもしれない。。。
今日が山かも・・・。

そんな家族の心の構えとは裏腹に、シルバは翌日、起き上がれるように。
しかも、今まで一切食べられなかったおかゆを食べました!
その日の診察は、食事が取れるようになったので、投薬治療。
その後は徐々に快方へ向かって、今では完全復活しました

IMG_1690.jpg


病気の時が余程、恐ろしくって怖かったのか、momoやmomo母やアイルとべったりです。
アイルと一緒に座っていると間にムギュッと入ってくるし、アイルがコタツの布団の上で寝ていると、
コタツとアイルの間にズポッと入ります。
そんな姿がとっても愛おしいです。

DVC00606.jpg


体調が悪くなった心当たりは、『はまぐり』だと思われます。
一応、火は通っているのですが、ゴミ箱に捨ててあったのを漁ったらしいです。
皆さんも、気をつけて下さいね。
ワンコの口に入れたくないものは、ワンコの口の届かない所に置きましょう。




今日も最後まで見ていただいてありがとうございます!!
lhasa blogmura
にほんブログ村

お帰りの前にラサズの顔をポチッとしていただけると
とっても嬉しいです!!

blogranking el

続きを読む
スポンサーサイト
次のページ>>

プロフィール

momo

Author:momo
FC2ブログへようこそ!

リンク

このブログをリンクに追加する

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

簡易型犬の年齢計算機(グラフィック版)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。